4/12は西宮GALWAYにて。FRIENDLY BALLOONでの演奏は、ゲストに松尾朱音ちゃんが来てくれたおかげで、緊張せずにいつもより楽しく弾けました!
 
私はアーティストタイプじゃないので、人前で楽しそうに演奏できる人が不思議でしょうがないのですが、この日共演者の方々の演奏を見て少しだけわかった気がしました。
自分の音楽は自分のもの、人と比較せず、ただただ表現することが楽しい、スポットライトが心地よい、楽しそうじゃなくて、本当に楽しいんだろうなぁと、羨ましく見ておりました。
学生時代、睡眠を削ってダンボールで季節のオブジェを作ったり、HTMLでホームページを作ったりするのに没頭してたのと同じようなものか、と解釈。
自分の番が来た時には、私の音楽を演奏するのだ、と思ってみたら、ちょっと楽しかった。
シャイすぎるので、目の前にいる人に伝えようと意識したり、楽しんでもらおうとアピールしたりすることはまだまだ不得手だけど、今年も色々なところで演奏経験を積んでいきたいと思います。

 

 
今はじめてのCDを作っているところだけど、自分の音楽と、人と共有することについて、考える良いきっかけになりました。
曲のタイトルも、悩みに悩みました。
初めから皆にわかりやすく共通している普遍的なことをテーマにするよりは、ものすごく個人的なことを掘り下げて発表した方が説得力が出て、真理に近づけて、逆に普遍性がでるのかなって思った。知らんけど。
 
 
4/12西宮から帰宅して、4/13に着るバルーンドレス作りは深夜に及びました。
動きながらの演奏はまだまだレベルアップしていかなくてはいけないけど、衣装が可愛い、面白いという言葉をたくさん頂いたので、これからも引き続きハイレベルな演奏を目指してCOLORSをやっていきたいと思います。
COLORS特設ページ
 
事前にメイク研究会に参加したんだけど、ウィッグをつけたり、つけまつけたりするのが想像以上に難しかった。
フリも音楽のフレーズと合ってないと難しいので、振り付け得意な人がいたら教えてほしいですTT

 

 
カツラが右にずれとるーー
 
 
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – –
ファンシャオ二胡
風韶 FENG SHAO NIKO | 大山崎・高槻・嵐山・長岡京 | 澤田雅子
京都・大阪